フランスEU離脱回避⁉果たしてユーロは転換できるのか?

↓↓1日1クリック応援よろしくお願いします↓↓


こんばんは

昨日はフランス大統領選があり、マクロン氏が勝利しましたね

マクロン氏が勝利したことで、フランスがEU離脱しないことがほぼ決定となり
為替も一気にリスクオン状態です

クロス円やユーロドルなど大きく窓を開けてギャップアップしてますね

窓は基本埋まるものなんですが、こういうファンダメンタル的な要因があるときは結構転換したりします
まーただこればっかりは分かりませんが、ドル円やクロス円は買っていきたいなーと思ってます

ただ今回フランス大統領選があり、EU離脱を回避できたことでユーロも大きく上昇してるんですが、
ん~はたしてこのままユーロの価格が転換して上がっていくのか自分はめちゃくちゃ疑問です

というのも、今のEUの状況ってそんなに大きく変わってないと思うんですよ

まず、EUってドイツありきですよね
というのもドイツは日本と似ているようなところがあり、自動車産業が強いです
有名なのはフォルクスワーゲン誰しもが知ってると思います

日本が円安の方が自動車が売れて企業業績がよくなるのと同じで、
ドイツも一緒ですよね

ただ、今回フランスがEU離脱しないことでユーロが大きく買われまさに転換して
このまま上がっていきそうな感じに見えます

また、今回のフランス大統領選のように、次ドイツ選挙でもドイツはEU離脱しないとなれば
安心材料となりまたユーロは買われるんだと思います

ドイツという経済大国は車産業などが強く輸出依存度が高い国には結果的にこのEU離脱せず
ユーロが買われることはドイツ経済にとって最悪なことなんです

なので自分としてはドイツのデフレが加速すると思います
となれば、ドイツが苦しいとEU全体も苦しくなります

ましてや移民・難民問題で揺れるEU…

イギリスが離脱した大きな理由の一つに移民・難民問題がありましたね
移民が安い賃金で働くことでイギリス市民の仕事を奪っているとか

輸出が強いドイツも今や中国の輸入費がかなり落ちてるのも影響受けるはずです
ドイツ車は中国への輸出が相当大きかったのももう昔の話ですし

ユーロが上がることでドイツを筆頭にEU全体へ影響が出るのは間違いないと思ってます

短期的な上昇はあっても長期はまだまだ下げるのでは!?
自分は将来的にパリティ割れはあるだろうとみています‼


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑ランキング参加中!実力のある投資家・パチプロはこうして勝っている!!
質問や感想ありましたらどんなことでも構いません。コメントもしくは、「お問い合わせフォーム」より連絡ください。皆さんの力になりたいですご気軽にどうぞ!
ブロガーさんからの相互リンク・相互RSSもお待ちしております。よろしくお願いします!(^◇^)

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

このページの先頭へ