金融政策と政策金利

↓↓1日1クリック応援よろしくお願いします↓↓


9月9日・10日とカナダ・ニュージーランド・イングランド銀行の政策金利の発表があります

政策金利はFXをやるうえでかなり重要になってくる指標ですよね

●金融政策について

金融政策とは、物価や通貨の安定のために中央銀行(日本で言えば日本銀行)が行う金融面での経済政策のこと。

経済情勢から「金融緩和」を行うか、「金融引き締め」を行うかの判断を行い金融政策を実施します。
為替相場では、その影響度から「政策金利」の調整が特に大きく注目されています。

政策金利は景気が過熱しすぎた場合には金利を引き上げ(=利上げ)て景気を冷まそうとし、反対に景気が後退する場面では金利を引き下げ(=利下げ)て景気の失速を防ごうとします。

●政策金利について

政策金利は中央銀行(日本は日本銀行)が一般の銀行に融資する際の金利

一般の銀行は都市銀行であったり市中銀行ですね

日本は0.1%くらいですよね

この金利は中央銀行の政策金利で決められて、景気が良いと高く設定され、景気が悪いと低く設定されます

●金利が高い・低いとどうなるか

金利が高い要するに景気がいいとどうなるかというと、銀行への預貯金が増えます。

これは金利を多くもらおうとする人が増えるから。するとお金の流通はストップします。

逆に景気が悪く、金利が低い状況では銀行へ貯金していても
金利はほぼ得られないため貯金しておいてもあまり意味がありません。

となれば貯金をせずお金を使おうとなり通貨の流通が促進されるということです。

●政策金利と各国のレートの変動について

なぜ政策金利の発表でレートが変動するのかというと、理由は意外と簡単です。

たとえば、日本の金利が低く逆に米ドルの金利が高いとします。

すると投資家はより有利な金利である米ドルへ投資します。

金利が高い分もちろん有利なのは誰でも分かりますよね(^^)/

金利の高いドルを買うことによって円の比率が下がるということで「円安ドル高」になるんですね(^^)/

ってことで金利と各国のレートの変動や影響なども見えてくるわけです!!


 

では本日も良いトレードを(^^)/


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑ランキング参加中!実力のある投資家・パチプロはこうして勝っている!!
質問や感想ありましたらどんなことでも構いません。コメントもしくは、「お問い合わせフォーム」より連絡ください。皆さんの力になりたいですご気軽にどうぞ!
ブロガーさんからの相互リンク・相互RSSもお待ちしております。よろしくお願いします!(^◇^)

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

このページの先頭へ